会津の外構・エクステリア工事-駐車場、ブロック塀、フェンス、砂利敷き、排水工、下水道、U字溝、取り壊しなど - 丸秀組

お客様の声

冬場除雪の際に小石を巻き込み不便なのでコンクリート舗装をしたいが庭の雰囲気を壊したくない。

当社の提案

出来るだけ石や芝を残しながらスムーズに車も乗り入れしやすいように傾斜を調整し小さなお子様が滑って転倒しないように舗装表面をホウキ目処理をしました。
施工前です。
丁張を掛け、コンクリートとそれを支える路盤(砕石を締め固めた層)を作るため床掘し余分な土砂を搬出します。
今回は再生砕石を使用しました。
床掘した部分に砕石を入れ、その後念入りに振動コンパクターで締固めします。
型枠と境界ブロックを設置したらワイヤーメッシュを設置します。
設置完了。
これから生コンクリートを打設します。
生コンクリートの打設状況です。
打設完了後、丁寧に表面を均し作業終了です。

お客様の声

家を建てるので造成工事をしたいが、建てた後に沈下しないか心配

当社の提案

盛土後に自然沈下のための期間をもうけ、その後十分に締固め作業をしスウェーデン式サウンディング試験を行い地盤の強度を確認する。
造成地に丁張を掛け計画値まで表土を取り除きます。
Ⅼ型擁壁ブロックを設置するため床掘完了後に床掘面を均している所です。
この後砕石を敷均し締固め、基礎コンクリートを打設します。
生コンクリート打設後の養生の様子です。
冬期間のためシートで養生するだけではなくヒーターを設置しコンクリートの品質を保ちました。
Ⅼ型擁壁ブロックを設置して埋め戻し作業を行い、盛土をします。
造成地に新たな進入路を作る工事に取り掛かります。
既存の道路の一部を撤去している所です。
歩車道境界ブロック(車止めなどにも使われます)を設置している所です。
道路法第24条の規定により道路管理者と協議してから工事に取り掛かります。

お客様の声

雨が降ると水たまりが出来てしまう。
冬場積もった雪を散水で溶かしたい。

当社の御提案

散水の水が全体に流れる様に傾斜を付けますが、足元が滑らないようにホウキ目仕上げのコンクリート舗装にして両側にU字型側溝を設置しました。
丁張を掛け完成時の高さやホウ線を出します。
余分な土砂を取り除きます。床掘と言います。
床掘が完了したら砕石を入れ念入りに締固めます。
丁張に張った水糸に沿って水平器で確認しながら側溝を設置していきます。
U型側溝とマスを設置し終えたところです。
エラスタイトとワイヤーメッシュを設置してコンクリート打設の準備中です。

発注内容

傷んだ道路の表面を取り除き、新たに舗装しなおす。



施工方法

特殊な機械でアスファルト舗装の部分だけを取り除き、舗装する。




施工前の状況です。

表面のアスファルト舗装だけを取り除いています。
アスファルトが剥がれないようにタックコートを散布します。
アスファルトを敷均しています。

アスファルトが冷めないうちに転圧し締め固めなければなりません。
ラインを引いて完了です。


お客様の声

駐車スペースが道路より低く段差があるため、車の出入りが不便。


当社の提案

駐車スペースを道路と同じ高さにし、スムーズに車の出入りが行えるよう施工致しました。




施工前の状況です。

既存のコンクリートの厚さを調べている所です。
型枠を設置します。水道や汚水桝の弁の部分にも施します。
エラスタイトと車が乗っても割れないようにワイヤーメッシュを設置します。
生コンクリートを打設し均します。
金ゴテで仕上げて完了です。

出来立たてが綺麗なのは、あたりまえ。

当社で施工してから20年ほどたった駐車場です。
何度も重い重機で除雪をしましたがヒビ割れや穴はありません。
エラスタイトを使用する事によって、コンクリートの膨張や収縮を吸収し、ひび割れを防ぎます。

発注内容

傷んだアスファルト舗装の補修





施工方法

傷んだ舗装と路盤を撤去し、新しく路盤と表層(アスファルト舗装)を施工する



施工前の状況です。


舗装にカッターを入れ、古い舗装版を剥ぎ取ります。
路盤材を入れ敷均し締固めを行います。
アスファルト合材を敷きならしている作業です。
アスファルトを締固め舗装自体は完了です。
ラインを引いている作業状況です。

発注内容

見づらい案内標識を、大きくてわかり易い物に取り換える工事



施工方法

既存の標識を撤去しH鋼を打ち込み基礎にします。
H鋼に支柱をボルトで固定し根巻きコンクリートで補強します。


施工前の看板です。

標識を撤去しています。

基礎になるH鋼を打ち込んでいる所です。
支柱と基礎を固定したら根巻きコンクリートの打設です。

コンクリートが固まったら、型枠をはずして埋め戻し、締固めを行います。
タイルを張って完了です。


お客様の声

凸凹して歩きずらいのと、水はけがあまり良くない。砂利でも引いてくれないか

当社の提案

砕石を敷きならし転圧作業を行いました。いわば家周りのリホームです。
施工前の状況です。

お客様の声

家の前の水路の上を車が出入りするたびガタガタうるさく、冬場は雪が積もると除雪の時に鉄板を引っ掛けるのでどうにかしたい。

当社の提案

鉄板を外しコンクリート蓋を敷設し、その上にアスファルト舗装を施す事によりなめらかな出入りを可能にしました。
ただし民地との境界にある、公共物にかかる工事のため 道路法24条申請 が必要となりました。
施工前の状況です。

カッターを入れてから取り壊しをします。
コンクリート蓋とグレーチングの受枠を設置した状態です。
アスファルトト舗装部に乳剤を散布し終えた状態です。
アスファルトを敷均し転圧をして作業終了です。